賃貸法人契約で人手不足を解消|働き盛りが続々と集う雰囲気作り

会議をするなら外で

会議室

渋谷区では、貸し会議室などの便利なものがたくさんあります。会社を経営している人は、できるだけ普段のコストを削減したいケースが多くなります。貸し会議室を借りることで、会社のスペースを最低限に留めることができます。

この記事を読む

ビルの診断を依頼する

メンズ

会社が所有するオフィスビルは、次第に経年劣化が進行していきます。オフィスビルの資産価値を保つには、人気の建物診断サービスが効果的です。しかし、建物診断サービスの内容に原因究明や対策術が含まれていることは確認しておくべきです。

この記事を読む

ビジネス拠点に最適

オフィス

ビジネス拠点として使える貸事務所を探したいときには、鉄道のアクセスが便利な新大阪が最適であり、建物の外観や機能などを重視して物件を選ぶべきです。現地を見学するのが物件選びのポイントであり、オーナーとの交渉を通じて有利な条件で入居するのが理想的です。

この記事を読む

賃貸物件を法人で借りる

男性と女性

法人名義で借りるメリット

事務所としてではなく生活を行うための賃貸物件マンションやアパートは個人だけではなく、企業である法人名義として契約することができますが、これを賃貸法人契約と言います。賃貸法人契約を行う目的用途は従業員の社宅として活用することです。賃貸法人物件を借りるメリットとしては家賃の賃料をすべて経費として充てることができますので会社側としては節税対策となります。社員には家賃の一部を負担して貰いますが、周辺の賃貸物件と比べても個人で借りるより割安で借りることができます。こうした賃貸法人契約による家賃分を経費に充てるメリットを活かして最近では個人事業主の方が賃貸法人契約名義で借りて、自宅兼事務所として契約される方が増えてきました。

借り受けする際の注意点

自宅兼事務所として賃貸法人契約を結ぶ際には注意点があります。まずその法人形態が真っ当なものであるかを確認されることになります。真っ当というのはいわゆる常識的な範囲での企業形態であり、業務内容によっては許可が下りないケースがあります。そして賃貸住宅とは本来、住むためのものであり会社として使う場ではありません。事務所として使う際に頻繁に人の出入りが激しいと同棟に暮らしている住民の迷惑や不安を煽ることに繋がります。これにより住まいとしてみなされず契約を破棄されることもあるようです。また事務所兼用にすることで玄関の表札や郵便受けには会社の名前を入れたいところですが、他の住居者との関係でこれらの行為が断られることもあります。このように賃貸法人契約を結ぶと色々と制約がありますが、契約することで個人では得られないメリットを受けることができますので契約する際には貸主としっかり相談しておくことが望まれます。働き盛りが続々と集う雰囲気作りをしましょう。